« セ・リーグは中日が優勝 | トップページ | パ・リーグは日ハムが優勝 »

2006年10月12日 (木)

アジアカップ2007 日本vsインド

1012_japan_vs_india1_001_00011012_japan_vs_india1_007_0001
1012_japan_vs_india1_015_00011012_japan_vs_india1_022_0001
1012_japan_vs_india1_023_00011012_japan_vs_india1_024_0001
1012_japan_vs_india1_024_00021012_japan_vs_india1_024_0003
日本は播戸の2得点などで快勝した。播戸は前半23分に三都主が左から出したグラウンダーのセンタリングに、走り込んで右足で押し込み先制した。同44分にも三都主からの右クロスに対して果敢に頭から飛び込んでGKを破った。日本はピッチの悪さに苦しんだが、中盤を支配。早めに前へ球を運ぶ積極的な試合運びが光った。ペースが落ちた後半はインドの反撃を許したが、37分に中村憲がミドルシュートで試合を決定づけた。sanspo.comより

日本 vs インド -フジテレビすぽるとより-

アクセス解析

|

« セ・リーグは中日が優勝 | トップページ | パ・リーグは日ハムが優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17450/3788528

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ2007 日本vsインド:

« セ・リーグは中日が優勝 | トップページ | パ・リーグは日ハムが優勝 »