« 小梅太夫 | トップページ | ZOXY DOLL ⑤ »

2006年9月11日 (月)

Jリーグ 22節

0910_chiba_vs_simizu1_001_00010910_chiba_vs_simizu1_005_0001
千葉 vs 清水
清水は1-1の後半10分、マルキーニョスが左から持ち込んで勝ち越し。26分にも相手GKがシュートをはじいたこぼれ球を藤本が決めた。清水の猛攻に押された千葉はホームゲームで5連敗。羽生や巻の途中投入も実らなかった。

0910_gosaka_vs_cosaka1_001_00010910_gosaka_vs_cosaka1_004_0001
G大阪 vs C大阪
G大阪は1-1の後半32分、二川のシュートがポストにはね返ったところを播戸が詰め、この日自身2点目で勝ち越した。38分にも後半途中出場の遠藤が加点した。前半ロスタイムに同点としたC大阪だが、後半は防戦一方だった。

0910_hirosima_vs_nagaya1_001_00010910_hirosima_vs_nagaya1_003_0001
広島 vs 名古屋
ともに得点できずに引き分けた。前半は名古屋がスルーパスを有効に使って、シュートも積極的に狙った。後半は広島が押し気味で、両サイドから攻め込み、服部らが好クロスを上げた。しかしともに詰めが甘く、決定力を欠いた。

0910_iwata_vs_nigata1_001_00010910_iwata_vs_nigata1_006_0001
磐田 vs 新潟
磐田がセットプレーなどから効率よく得点して大勝した。前半22分、ファブリシオが直接FKを決めて先制。前田が追加点を奪った後の同42分には右CKから田中が頭で得点。後半にも大量4点を加えた。新潟は集中力を欠いた。

0910_kasima_vs_kyouto1_001_00010910_kasima_vs_kyouto1_006_0001
鹿島 vs 京都
鹿島は0-0の後半21分、左から攻め上がった新井場のセンタリングが京都のオウンゴールを誘った。試合を通じて相手の猛攻を受けたが、曽ケ端の好守などで逃げ切った。京都は互角以上に攻めたが、決め手を欠いた。

0910_oita_vs_fukuoka1_001_00010910_oita_vs_fukuoka1_002_0001
大分 vs 福岡
両チーム無得点で引き分けた。大分は守備陣が決定機を再三防ぐなど奮闘したが、高松、梅崎ら前線の選手が精彩を欠き、連係が悪かった。福岡は前半に城後、中村が絶好の得点機を逃したのが響き、最後まで崩しきれなかった。

0910_oomiya_vs_urawa1_001_00010910_oomiya_vs_urawa1_008_0001
大宮 vs 浦和
浦和が前後半終了間際の得点で競り勝った。自陣を固める大宮の守備に苦しんだが前半44分、酒井のシュートをGKがはじき、こぼれ球をワシントンが押し込んで先制。後半は大宮の反撃に苦しんだが44分、永井が決めて突き放した。

0910_tokyo_vs_koufu1_001_00010910_tokyo_vs_koufu1_003_0001
FC東京 vs 甲府
甲府は前半23分、CKからの好機に茂原がけり込んで先制すると、バレーが同32分にPKで、6分後には速攻から追加点を奪った。パスがよくつながり、最後まで足を止めずに快勝した。FC東京は攻守とも要所で詰めが甘かった。

0910_yokohama_vs_kawasaki1_001_00010910_yokohama_vs_kawasaki1_004_0001
横浜 vs 川崎
川崎が競り勝って4連勝。後半6分、川崎は右CKをマルコンが頭で合わせて先制。同13分に森のパスからジュニーニョが加点した。ともに厳しいプレスからの速攻で好機をつくったが、横浜Mは決定力を欠き、後半39分の1点止まり。

本文「sanspo.com」より引用。動画「やべっちFC」より引用。

アクセス解析

|

« 小梅太夫 | トップページ | ZOXY DOLL ⑤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17450/3411246

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ 22節:

« 小梅太夫 | トップページ | ZOXY DOLL ⑤ »