« “純日本勢”スーパーアグリ臨戦態勢 | トップページ | 【フィギュア】真央、連覇へ断トツ発進 »

2006年3月 7日 (火)

日本代表海外組み情報

アクセス解析

A20060306_165731504_1前節19日のシャフハウゼン戦でのデビュー戦に続き、左MFで2戦連続の先発出場。1点ビハインドの前半終了間際、右サイドからのクロスボールに頭で合わせた。A20060306_165722792チームはその後に2-1逆転に成功。移籍後初勝利にも貢献した。昨年2月にフランスリーグ・マルセイユに移籍したが、ちょうど1年後に事実上の戦力外通告を受けた。新たな活躍の場を求め、さらなる新天地でついに生まれた海外初ゴール。本人も喜んだことだろう。sanspo.comより



A20060306_170153701フランス2部リーグ・グルノーブルのFW大黒は3日、ディジョン戦(アウエー)に先発したが得点できず、試合は0-0で引き分けた。ぬかるんだピッチに苦しみ、A20060306_170213189正確なボールコントロールができなかった。前半11分、後半10分に放ったシュートは正確性を欠きともにゴール枠を外れた。「難しいが、ああいうのを決めるようにしたい」。後半18分に退き、2試合連続のフル出場はならなかった。sanspo.comより
 


A20060306_165823209スコットランドプレミアリーグ首位・セルティックの日本代表MF中村俊輔は、4日のアバディーン戦(ホーム)の後半18分から途中出場した。出場して1分後に、A20060306_165902455エリア内で珍しく「右足」で強烈なシュート。これはGKに止められたが、このプレーで流れは一変。同21分のMFペトロフの先制弾を呼び込んだ。試合はその後、FWマロニーらの追加点もあり3-0で勝った。勝ち点はちょうど70に到達した。sanspo.comより
 


A20060306_165739996イングランドプレミアリーグ・ボルトンの日本代表MF中田英は4日、ニューカッスル戦(アウエー)の前半17分から途中出場した。代表戦の疲れを考慮されリーグA20060306_165756951戦4試合ぶりにベンチスタートとなったが、ナイジェリア代表MFオコチャが股関節を痛めてウォームアップもないまま緊急出動。攻守で安定した動きを見せながら、後半27分に途中交代する忙しい試合になった。チームは1-3で完敗した。sanspo.comより
 


A20060306_170102468イングランドプレミアリーグ・Wブロムウィッチの日本代表MF稲本は、4日のチェルシー戦(ホーム)に右ボランチで先発した。しかし、得点に絡めず0-1の後半26分A20060306_170138179_2に交代した。チームは首位の相手に前半は攻め込むシーンも。しかし、後半6分にコートジボワール代表FWドログバに先制され、稲本の交代直後にカウンターから追加点を許した。その後に1点返したが、試合は1-2で敗れた。sanspo.comより


 
A20060306_165924667ブンデスリーガ・ハンブルガーSVの日本代表FW高原直泰(26)が4日、首位のバイエルン戦(アウエー)でリーグ戦2試合ぶりに先発した。大雪が降る劣悪なA20060306_170023982コンディションの中、2月28日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦代表ゴールの好調を持続。攻守に存在感を見せつけ“歴史的な”2-1勝利に貢献した。sanspo.comより 



A20060307_205018078オランダリーグ・ヘラクレスのFW平山が5日、トウェンテ戦(アウエー)に13戦連続で先発したが、7戦連続の無得点に終わった。後半13分に珍しく約28メートルのFKをA20060307_205029384蹴るなどフル出場したが、試合も0-2で敗れ4連敗となった。この一戦は「トウェンテ・ダービー」と呼ばれ、たびたび合併問題で紛糾する因縁の対決で、後半ロスタイムにはファウルをめぐって両チームの選手がもみ合いになるシーンもあった。sanspo.comより

|

« “純日本勢”スーパーアグリ臨戦態勢 | トップページ | 【フィギュア】真央、連覇へ断トツ発進 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17450/948414

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表海外組み情報:

« “純日本勢”スーパーアグリ臨戦態勢 | トップページ | 【フィギュア】真央、連覇へ断トツ発進 »