« WBC日本は韓国に逆転負け | トップページ | “純日本勢”スーパーアグリ臨戦態勢 »

2006年3月 6日 (月)

Jリーグ開幕 第1節結果

アクセス解析

A20060306_171016144_2浦和 VS G大阪  1-1

浦和は前半2分、右サイドから山田の上げたクロスをワシントンが頭で決め、あっさりと先制。G大阪も後半22分、ゴール右でパスを受けた加地がDFをかわし、左足で鮮やかな同点ゴール。その後はともに決定機を逃して引き分けた。


A20060306_171942788甲府 VS 清水  0-2

清水は前半14分、自陣からのロングパスがチョジェジンにつながり、左から先制。後半36分にも枝村が貴重な追加点を奪って突き放した。甲府は序盤から押し気味に進めながら、攻撃が単調だった。大事な場面での守備にも課題を残した。


A20060306_171708837FC東京 VS 大分  2-0

FC東京が快勝した。前半14分、今野のロングパスを受けたリチェーリの左クロスをサルセードが決めて先制。リチェーリは同27分にも今野の縦パスで抜け出し、冷静に追加点を奪った。大分は逆襲への対処がまずかった。


A20060306_171053527磐田 VS 福岡  1-1

福岡は激しい当たりで流れをつかみ、前半36分にグラウシオのパスを受けた宮崎が右足で先制点を挙げた。しかし後半は磐田が反撃。サイド攻撃から何度も好機をつくり、41分に右CKを田中が右足ボレーで決めて追いついた。


A20060306_171432893名古屋 VS C大阪  3-2

名古屋が好機を確実にものにして3点を奪った。1-1の後半25分に玉田のパスから杉本が右足で決めて勝ち越し、同31分には豊田が加点した。C大阪は後半2分に同点としたが、その後は古橋が2度決定機を外したのが響いた。


A20060306_171144601大宮 VS 千葉  4-2

大宮は新加入の小林大がチームの全得点に絡んだ。1-2の後半15分にはFKで同点となるオウンゴールを誘い、2分後は頭で勝ち越し点を挙げた。CKでも2点をもたらした。千葉は後半に佐藤が退場処分を受けるなど自滅した。


A20060306_171546759川崎 VS 新潟  6-0

川崎は我那覇の3得点などで大勝した。我那覇は前半26分にマルコンの左クロスを頭で合わせて先制し、同40分も同じ形で2点目。後半21分には森のクロスを右足でけり込んだ。新潟は中盤がもたつき、サイドから簡単に崩された。


A20060306_171302683_2広島 VS 鹿島  3-4

鹿島は復帰初戦の柳沢がハットトリックと大活躍。1-1の前半38分にヘッドで1点目。2-2の同43分には右足で勝ち越しゴール。後半26分には右CKから、こぼれ球をオーバーヘッドキックで決めた。広島は守備が甘かった。


A20060306_171811077横浜M VS 京都  4-1

横浜Mが久保の2得点などで京都に快勝。久保は1-0の前半30分にGKのキャッチミスを突いて加点、37分にもマルケスの折り返しを頭で合わせ、前半で勝負を決めた。J1復帰の京都はパウリーニョの1得点が精いっぱいだった。

|

« WBC日本は韓国に逆転負け | トップページ | “純日本勢”スーパーアグリ臨戦態勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17450/938165

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ開幕 第1節結果:

« WBC日本は韓国に逆転負け | トップページ | “純日本勢”スーパーアグリ臨戦態勢 »