« 2007年日本GP 富士スピードウェイでの開催が決定 | トップページ | 日本人海外組み情報 »

2006年3月27日 (月)

Jリーグ 第5節結果

アクセス解析

A20060327_171054114_1大宮 VS 清水  1-0
大宮が1点を守り切った。後半5分、小林大がゴール前の間接FKを短くけり、藤本が止めたボールを巧みに左へけり込んだ。A20060327_171119009守りでよく集中し、トニーニョを中心に高さも封じた。清水はセットプレーのチャンスを生かせなかった。



A20060327_170928080磐田 VS 川崎  1-2
川崎が後半2点を奪い逆転勝ちした。1点を追う後半布陣を変えて反撃に転じ、24分に縦パスを受けた黒津が決めて同点。A20060327_1710062255分後には谷口が頭で決めた。磐田は終始主導権を握りながら、ファブリシオの直接FKの1点に終わった。



A20060327_170759462C大阪 VS 新潟  3-1
C大阪がゼカルロスの2ゴールの活躍で、開幕からの連敗を4で止めた。前半20分に古橋の頭で先制すると、A20060327_170839750ゼカルロスが同30分にPK、後半37分にはFKを直接決めた。新潟はエジミウソンの個人技で1点を返すのがやっとだった。



A20060327_171127582_1広島 VS G大阪  1-3
G大阪はマグノアウベスの2得点などで快勝。前半43分に遠藤の直接FKで先制すると、マグノアウベスが後半4分にA20060327_171220668CKから頭で決め、16分にはパスカットから持ち込んでゴール。広島は守備的布陣が機能せず5戦未勝利。



A20060327_171235469横浜M VS 浦和  1-3
浦和が快勝で4連勝。前半43分に左CKから山田暢のゴールで均衡を破り、後半早々にはポンテのパスで抜け出したA20060327_171423354ワシントンが追加点を挙げた。横浜Mは終了間際に大島が頭で1点を返したが、すぐに長谷部に取り返され、力尽きた。



A20060327_170846600甲府 VS 福岡  1-1
甲府が白星を逃した。よく攻めたが、シュートの精度を欠き、前半17分にバレーが頭で決めた1点にとどまった。A20060327_170922782GK水谷を中心に粘り強く守った福岡は少ない好機をものにした。後半18分に速攻から中村が同点弾を決めた。



A20060327_171012534千葉 VS 鹿島  0-1
やや優勢だった鹿島は0-0の後半40分、ゴール前右でボールを受けたアレックスミネイロがDFをかわし、GKの股間A20060327_171034936(こかん)を抜くシュートで決勝点を奪った。千葉は鹿島のすきのない守りに最後まで苦しみ、新本拠地で初黒星。



A20060327_171439508名古屋 VS 大分  0-3
大分がチャンスを確実に生かした。前半10分、右CKから深谷が先制。後半12分にはFKに西山が頭で合わせ、17分にもA20060327_171543139根本のシュートで加点した。名古屋は守備が崩され、後半の反撃もパスミスなどで好機をつぶした。



A20060327_171549128FC東京 VS 京都  2-1
試合を優位に進めていたFC東京は徳永が土壇場で決勝点。1-1の終了間際にゴール右のほとんど角度がないところからA20060327_171634773決めて勝ち越した。京都は攻撃の形がほとんどつくれず、アレモンが1得点するにとどまった。

|

« 2007年日本GP 富士スピードウェイでの開催が決定 | トップページ | 日本人海外組み情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17450/1184597

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ 第5節結果:

« 2007年日本GP 富士スピードウェイでの開催が決定 | トップページ | 日本人海外組み情報 »